×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

龍神沼

“龍神祭り”を見に来るため、訪れた村で研一は不思議な少女に出会う。
研一を慕う少女ユミと再会した研一だったが、不思議な少女に惹かれ始めて…全ての漫画ファンにお届けする石ノ森作品中で最も完成度の高い作品の一つ。
歴史がひっくり返る大発見!「解体新書」ならぬ「開国新書」が見つかった!書いたのは平賀鳩渓こと平賀源内――同時代を生きた源内が記した老中・田沼意次の一代記!!松尾芭蕉が残した数々の謎――石ノ森章太郎が出した一つの答えがここにある! 長い時と空間を越え、芭蕉は石ノ森の前に今蘇る 天才・石ノ森未完の傑作が登場!男と女のいるところ、ドラマがある…!!様々なパターンの恋愛模様を石ノ森章太郎が描き下ろした不倫を学問する入門書。
「丸の内篇」「純情モアイ篇」「僕は見ていた篇」「おまぬけ篇」「PTAドロ沼篇」他全10篇を収録。
ダイサクの前に突如現われた謎の女・ベビイは不老不死の秘密を握る「アマゾネス」の末裔だった!「アマゾネス」とは、アマゾンの女戦士のことで、神話にも登場する強いオナゴたちのことである。
チャーミングで不思議な力を持つベビイを巡って人間たちは大騒ぎ!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000070